2006年04月29日

あれから1年

2005年4月29日にKitriが我が家にやってきてから、
早いもので1年が経ちましたぴかぴか(新しい)
丁度1kgという体重の小さな黒いプードルのKitri。
あの日から我が家の家族の一員となったのですわーい(嬉しい顔)

Kitriが我が家にやって来た日
和さんとキトリ050429A.JPG


結婚して夫婦二人ムードで過ごしてきた3年とは違い、
この1年は何においてもKitriが優先。
我が家は共働きなので、
おトイレを覚えるまでは、ケージでお留守番をしていたKitri。
その様子をカメラで撮ってそれぞれ職場からPCで常に確認目
あまりにも動かない時は、家に電話電話をかけて、
Kitriが反応するか見る始末(^_^;)

どんな仔に育つだろうか?
私たちにきちんとしつけはできるだろうか?と
色々考えた時期もありました。
しかしそんな心配をよそにKitriはとってもいい仔に育ちましたぴかぴか(新しい)
親ばかな発言ですがたらーっ(汗)
お家のものを壊すこともなく、
人見知り犬見知りすることもなく、
そしてこの1年大病もすることなく、
本当にすくすく育ってくれましたるんるん

家族の一員となって1年経つのを喜ぶのと同時に、
今までほとんど病気らしい病気をしたことなかったKitriが、
急に吐き出して、そして血便を・・・がく〜(落胆した顔)
お腹をきゅるきゅる言わせて、何とも痛そうもうやだ〜(悲しい顔)
狂犬病のお注射を打つつもりで行った病院病院でしたが、
それどころではなくなり、レントゲン撮影と、
お腹のお注射を打つことになってしまいましたバッド(下向き矢印)

診察の結果は便に悪い菌が繁殖していることはなく、
レントゲンの結果も誤飲していることはなさそうだと言う事で、
消化不良による下痢でしょうと診断されました。
本当に健康優良児で今までいたので、
今回の症状にはkazuさんと二人心配で心配でもうやだ〜(悲しい顔)

今回普段の食事やおやつについて聞かれて、
我が家の状況を話すと、
やはり手作りでは栄養のバランスが心配だといわれ、
今は若いので影響はないけれど、
高齢になった時に何かしらの影響が考えられると言われましたふらふら

また、おやつも人間からしたらほんの少しの量だと思っても、
それはあくまでも人間からして少しの量。
体重1.5kgのKitriが例えば1本のササミジャーキーを食べるのを、
体重60kgの人間が食べる量に換算したら、
体重が40倍になるのだから40本のササミジャーキーを食べているのと、
同じだといわれました(>_<)

毎日同じドッグフードより、手作りの方が愛情がこもっているし、
ムツゴロウさんの本を読んだりして、人間の食べ物も結構与えたりと、
まぁ特に我が母の影響によるところ大ですが(^_^;)
今までの生活をしてきた我が家です。
しかし丁度1年が経ったところで、色々と考えさせられ、
また新たなKitriとのライフスタイルを探していこうと思っていますひらめき

お腹が治るまではとりあえずフードは病院から買ったものに。
食べないかなぁと心配していたのですが、
これが心配をよそにむしゃむしゃ食べてくれるのです。
私たちの食事をちょっとねだる時もあるのですが、
私たちが食べ終わってねだる物がなくなると、
自分のフードをしっかり食べてくれまするんるん

そしておやつも当分は与えないようにしようと思います。
Kitriにとっておやつは本当に少ししか、
与えてはいけないのだなぁと実感しました。
1.5kgの体重の仔におやつを与えるのって、
本当に難しいと思いましたふらふら
決して太っているわけではないので、
少しぐらいと思ってしまうのですが、
そうすることによってご飯を食べなくなって、
ドッグフード嫌いだと私たちが勘違いしてしまったのかもしれません。
平日普段はほとんどおやつ与えていないのですけどね・・・

さすがの母も今回のことで理解してくれたようで、
Kitriにはフード以外食べさせないことを誓ってくれました。
実家のKevinとは体重が10倍近く違うので、
やっぱりKevinと同じように食べさせてはいけないということを、
さすがに分かってくれたようです。

う〜ん、しかし何か起こらないと気付けないものですねたらーっ(汗)
Kitriのこと考えていたようで、まだまだ考えが足りなかったかなぁと、
つくづく反省しました(-_-;)

G.W.はお天気も良さそうですし晴れ
早くKitriが良くなってたくさん遊べるお休みにしたいですかわいい

Kitri06-4-27B.jpg
posted by Yukie at 00:00| 🌁| Comment(13) | TrackBack(0) | Memorial | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Kitriちゃんが来て1周年だったのですね〜!!
おめでとうございます!!
でもでも、体調崩しちゃったのね・・・大丈夫かな??

ワンの食事に関しては、ホントに難しいですね・・・
世の中いろんな情報がありすぎて私は迷ってばかり・・・
おやつも獣医さんから『どうしてもあげたいの??』って言われちゃいました・・・(^_^;)
今の犬は長生きでしっかり管理すれば20年生きる犬もいますって・・・
病気の予防、危険の回避、そして食事の管理なんだけど
この食事が、守れないんですよね〜〜(T_T)
でもこれはかわいいKitriちゃんやプリンのためですもの!!
人間が我慢しなくちゃいけない事なのかもですね・・・

Kitriちゃん、早く良くなってね♪

PS アロマの件ありがとうございました!!
Posted by ともち at 2006年05月01日 14:41
(*'∇')/゚・:*【祝】*:・゚\('∇'*) 1周年♪
kitriちゃんとのラブライフがスタートして1年なんですね。
おめでとうございます。

kitriちゃんは今は大丈夫ですか?
確かに先生や誰かに言われないと気づかないことってありますよね?
いつも考えてるつもりなのに・・・
でも、ちゃんとフードも食べてるようで良かったですね。
早く元気になって、楽しいGWを過ごせるといいですね!!
Posted by るぱんママ at 2006年05月01日 15:07
☆彡ともちさん
ありがとうございます。
今は本当にたくさんのものがあって、
ついついおやつなどもあげてしまうのですよね。
ここにきて気を引き締めていこうと思っています。
いつまでも元気にKitriに生活してもらうため、
よりよい生活を見出したいと思います。

いえ、アロマのこと私でよかったらまた聞いてください。

☆彡るぱんママさん
ありがとうございます。
今日もkazuさんが病院へ連れて行き、
またお注射をしてきました。
昨日から今日にかけては今のところウンをしていないのですが、
食欲と元気はあるので徐々に回復していると思います。
はい、早く良くなって元気にお外で遊びたいです。
Posted by Yukie at 2006年05月01日 15:15
それぞれのワンコが食べる物の量ってホントとっても難しいですよねぇ〜!!
家も母や父はボギー感覚になっているので凄い量を上げている事があるんですよねぇ〜(;^_^A アセアセ・・・ 私も気を付けないとです!!
でもKitriちゃんは今まで病院知らずなんてとっても良い子でしたねぇ〜(^^)v
早く治って元気に遊びまわれる様になってくれると良いですねっ(^^)v
頑張れo(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!
Posted by ラフママ at 2006年05月01日 20:16
Kitriちゃん大丈夫かしら?
嘔吐&血便、心配です。
人間の子供で経験しましたが、
原因が分かっていてちゃんと対処していれば(病院フード)数日頑張ればメキメキ回復すると思います。yukieさんは日中お仕事があってお留守番させるのが辛そうだな、と思いますがKitriちゃんの回復力を信じて家族で乗り切ってくださいね。

そう!!Kitriちゃんファミリー1周年の絆があるじゃないですか!!

オヤツの件、とても勉強になりました。
愛しいワンコとできるだけ長い年月一緒に過ごしたいものです。そして食事の管理は飼い主にしかできないですものね。
Posted by 「黒いの」の母 at 2006年05月01日 23:59
Kitriちゃん、mocoと同じ体重なんですね。
背高も同じくらいかしら?
mocoは手作り食よりドライフードを好んだのと、知人宅に良く預けるので、少食なmocoがふだんと同じ食べ物でないと不安にさせてしまうからという理由でフードにしていました。うちの場合もドクターからも手作り食は反対されていた、というのもありました。生肉はOKと言われましたが「手作り食は長生きできないよ」って。

Kitriちゃんは少食じゃないですか?
mocoも同じ1,5キロと小さいのです。1回にたくさん食べることができず、一日3食にしています。あるティーカップ専門犬舎さんのHPに「3回に分けてあげるように」と書いてあったのを参考にしたら、食べる量がようやく丁度良くなりました。

ワンコは何も言わないから、文句も言わないから、いじらしいですよね。Kitriちゃんは性格もmocoに似ているかもしれません。私たち飼い主がワンコのDNAに組み込まれていることをよくよく理解しておく必要があるんですよね。改めて考えさせられました。
Posted by はなみずき at 2006年05月02日 06:05
Kitriちゃん 心配ですね・・
フードを毎日食べてくれればフードのがやはりよいのでしょうね・・
ロワも不調の時は病院の缶詰をよく食べてくれて助かりましたが
治るとすっかり食べなくなって・・
先生に「食べたり食べなかったする偏食が体を弱くする」と言われました。
Kitriちゃん このままフードを食べ続けてくれるとよいですね
Posted by ロワママ at 2006年05月02日 23:02
kitriちゃん、大変だったねぇ(TT)

Yukieさん達もすごい心配だったのでは・・・。
 手作り⇔市販フード・・・食生活は人間でも
大変ですから・・・わんこにとってはきっと
もっともっと大変なのかもしれませんよね。

 また、元気になったら、サンディと遊んで
くださいね☆
Posted by ナッサンディ at 2006年05月03日 21:47
Kitriちゃん、大丈夫ですか?
心配ですね。
お留守番、当面心配ですね。
早く元気になってね!
Posted by いっちゃんママ at 2006年05月04日 02:34
kitriちゃん大丈夫ですか?お元気になられましたでしょうか?
嘔吐、血便とても心配です。
マロンの以前の症状にも似ていますが、マロンは原因は結局不明だったのですが・・・
早く快復されて元気なkitriちゃんになられますように☆

そして1周年おめでとうございます(^^)
Posted by マオ at 2006年05月05日 03:20
☆彡ラフママさん
ありがとうございます。
そうなんですよ、我が母も実家のKevinと同じ感覚で、
Kitriに食べさせてしまうというか(^_^;)
本当に食べさせる量って難しいですね。

☆彡「黒いの」の母さん
ありがとうございます。
おかげさまでKitri元気になりました。
Kitriの体調崩したのでがG.W.前だったので、
kazuさんの休みと重なりずっと見ていることが出来ました。
食事管理って本当に難しいと痛感いたしました。

☆彡はなみずきさん
ありがとうございます
たぶんmocoちゃんと体格似ていると思います。
1回の食事の量は少ないです。
私たちからしたら本当に少食だと思います。
お腹の調子悪くしてからKitriにも1日3食で対応しています。
ただ、我が家は共働きなので普段はどうしても、
1日2食になりがちなのですよね。
今後の対応を検討して行きたいと思います。

☆彡ロワママさん
ありがとうございます。
体調は回復してウンも元に戻りました。
まだお薬を飲んでいるので、
食事も病院からもらったドッグフードなのですが、
Kitriは相変わらずこのフードが好きなようで、
犬らしい食事をしてくれます(笑)
しかし、いつまで続くかはちょっと心配です(^_^;)

☆彡ナッサンディさん
ありがとうございます。
Kitri元気になりました。
本当に犬の食事って難しいです(-_-;)
ぜひ、また遊んで下さいね。

☆彡いっちゃんママさん
ありがとうございます。
お薬と病院のフードのおかげでめきめき回復しました。
数時間のお留守番も出来るようになって、
順調にもとに戻ってきました。

☆彡マオさん
ありがとうございます。
昨日にはウンも元に戻りました。
いつもの元気なKitriに回復しました。
Posted by Yukie at 2006年05月06日 11:03
kitriちゃんが来て1年がたったのですね♪
おめでとうございます(*^_^*)
ワン中心の生活も幸せですよねU^ェ^U ワン!
それにしても血便とは大変でしたね(>_<)
食事やおやつの件は、うちもムックが具合を悪くした時に先生に言われて初めて気が付きました。それまではたくさんのおやつを与えてしまいすぎたり、ご飯を食べないのはただの好き嫌いなんだと思っていました。
でもkitriちゃんが元気になったようでよかったです♪これからも、元気で可愛らしいkitriちゃんでいてね(*^_^*)
Posted by masako at 2006年05月07日 16:39
☆彡masakoさん
ありがとうございます。
一時はどうなることかと心配しましたが、
おかげさまでKitri元気になりました。
本当におやつの量は難しいですね。
私たちがしっかり考えなくてはいけないですね。
Posted by Yukie at 2006年05月11日 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。